社団法人日本耳鼻咽喉科学会専門研修施設 / 歯科医師臨床研修施設
日本口腔外科学会准研修施設 / 日本有病者歯科医療学会研修施設

  • お電話でのお問い合わせは

    01654-3-3381

  • 歯科専用フリーダイヤル

    0120-648-410

看護部のご紹介 看護部のご紹介

看護部のご紹介

看護部のご紹介

看護部方針・理念

看護部方針

看護部の組織強化と看護サービスの質の向上により
患者さんやご家族から信頼を得て地域や病院に貢献する。
また、患者さん中心で良質の看護を実践し
看護者自身の働きがいのある明るい職場づくりをする。

看護部の理念

患者さん中心の良い看護の提供と
安全で信頼される看護を目指す。

眞嶋若子看護部長よりメッセージ

患者さんや当院を訪れた人々から学ぶ姿勢を持ち「優しさ笑顔、優しい態度、優しい言葉」をモットーに看護を実践できる職場づくりを目指しています。

今後の取組みについて

  1. 5S(整理・整頓・清潔・清掃・しつけ)を基本に、患者さんが安全で安心でき、職員が明るくやりがいのある楽しい職場になるよう取り組みます。
  2. 日常業務の見直しに取り組みます。
  3. 夏・冬2回のリフレッシュ休暇を実施します。(5~9日間)
  4. 患者さんやご家族が満足できる入院生活・環境の確保に努めております。

各課よりメッセージ

  • 外来課とは

    医師の診察後、必要に応じて検査や処置(レントゲン撮影、血液検査、聴力検査、点滴など)を行います。

    【眞嶋若子 課長(看護部長兼務)から】
    笑顔、親切な対応を心がけ、患者さんの立場になった看護を目指していきたいと思います。

  • 手術中材課とは

    当院手術室では、子どもから大人までの耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、肛門科の手術を行っています。中央材料室では、院内及び関連施設の物品を滅菌しています。

    【高橋美智子 課長 (一般病棟課長兼務) から】
    患者さんが安心して手術を受けられるように、術前訪問を行い、個別性を重視した看護の提供に努めています。

  • 療養病棟課とは

    長期に療養が必要な患者さんの病棟です。

    【相場由美子 課長から】
    ご自身で生活ができない患者さんが多いので、できるだけ家庭的な明るい雰囲気づくりを心がけています。

  • 一般病棟課とは

    耳鼻咽喉科、肛門科、歯科口腔外科の手術後の入院と、内科の入院病棟です。

    【高橋美智子 課長から】
    安全、安楽を第一に考え、安心してすごせるよう、環境を整えることを心がけています。

  • 回復期リハビリテーション課とは

    日常生活を送る上で、身体機能に障害を持った方を対象に、リハビリテーションを行う病棟です。

    【大塚真裕美 課長から】
    病気やけがで障害を持ったとしても、自分らし い生活を取り戻せるように、お手伝いさせていただきます。

看護体制

全124床
  • 一般病棟受持制看護10対1看護
  • 医療型 療養病棟機能別制看護25対1看護 / 25対1看護補助
  • 回復期リハビリテーション病棟受持制看護15対1看護 / 30対1看護補助

一般病棟 入院の受け入れ方針

  1. 耳鼻咽頭科

    眩暈症、突発性難聴、顔面神経麻痺、扁桃周囲炎など

  2. 耳鼻咽頭科(手術)

    副鼻腔根本術、口蓋扁桃術、鼻甲介切除術、鼓室形成術、声帯ポリープ切除術、上顎洞篩骨洞根本術、甲状腺手術、鼓膜チュービンなど

  3. 肛門科

    内・外痔核根治術

  4. 内科

    肺炎、気管支炎、脳血管疾患、食思低下など

  5. 歯科・口腔外科

    インプラント埋入、抜歯、歯肉周囲炎など

  1. 一般病棟は、主として一般内科、耳鼻咽頭科、肛門科の入院検査、治療を必要とする方や、歯科・口腔外科の入院治療を必要とする方を対象に受け入れています。
  2. 地域医療福祉連携室の医療相談員を通じて、近隣の医療機関や社会福祉施設とも連携を図りながら、守秘義務のもと入院に関する相談を受けています。

療養病棟 入院の受け入れ方針

  1. 急性期治療を終えた方が、施設入所・在宅復帰が困難で引き続き入院治療が必要な方。

  2. 気管切開管理・酸素吸入・頻回な吸痰などの医療措置を必要とする方。

  3. パーキンソン病などの神経難病・特定疾患などの病気で在宅生活が困難な方。

  4. 施設入所をお待ちの方。

  1. 上記の如何に関わらず、患者さんの病状、病室の空き状況により、受け入れ可能な場合もありますので、当院の地域医療福祉連携室気軽にご相談ください。

回復期リハビリテーション病棟 入院の受け入れ方針

  1. 大腿骨骨折、脳血管疾患、肺炎などにより生活機能が低下した患者さんでリハビリテーションを必要とされる方を積極的に受け入れています。

  2. 重症度により入院患者を選ぶことはできるだけ行わないよう受け入れる努力をしています。

  3. 地域医療福祉連携室の医療相談員は、守秘義務のもと入院に関する相談を受けています。

  1. 回復期リハビリテーション病棟は、日常生活を送る上で身体機能に障害を持った方を対象に、日常生活動作の向上と早期家庭復帰を目的に集中的なリハビリテーションを受けることができる病棟です。
  2. 各専門職がチームを組み、患者さん個々の治療計画を作成し、実生活での自立を目指したリハビリテーションを行います。

看護部の体制

  • 勤務体制

    【日勤】8:30~17:30
    【夜勤】16:00~9:00

  • 教育

    院内全体研修、院内研修、所属別研修、院外研修

  • 教育方針

    ①能力評価を実施し、各自キャリアアップを積極的に取り組む
    ②専門職として、実践力、研究力、教育力を高める
    ③社会変化に対応でき、組織としての病院経営に参画する
    ④それぞれの価値観を尊重し、和やかな人間関係が持てる

  • 看護実習の受け入れ

    ①名寄市立大学看護学科
    ②上川北部医師会准看護学院

  • 院外保育所

    あり。詳しくは【さくらんぼ保育園】をご覧ください

  • 休日

    当院就業規則による

  • 病院見学・面接

    随時

医療法人臨生会 吉田病院