社団法人日本耳鼻咽喉科学会専門研修施設 / 歯科医師臨床研修施設
日本口腔外科学会准研修施設 / 日本有病者歯科医療学会研修施設

  • お電話でのお問い合わせは

    01654-3-3381

  • 歯科専用フリーダイヤル

    0120-648-410

看護部のご紹介 看護部のご紹介

看護部のご紹介

看護部のご紹介

看護部理念・方針

看護部の理念

患者さん中心の質の高い看護の提供と安全、
信頼される看護を目指します。

看護部の方針

1.地域住民に根ざした生涯ケアを目標に
患者さんのニーズに応えられる様、適切な
看護の実践を行うと共に創意工夫につとめます。
2.安全な看護の実践をするため、専門職としての
知識、技術、研修を行うと共に人格の高揚に
努力し、心身の健康の保持増進につとめます。
3.笑顔を絶やさないよう、環境作りにつとめます。

各課について

  • 外来課とは

    医師の診察後、必要に応じて検査や処置(レントゲン撮影、血液検査、聴力検査、点滴など)を行います。

  • 手術中材課とは

    当院手術室では、子どもから大人までの耳鼻咽喉科、歯科口腔外科、肛門科の手術を行っています。中央材料室では、院内及び関連施設の物品を滅菌しています。

入院受け入れ方針

回復期リハビリテーション病棟 入院の受け入れ方針

  1. 回復期リハビリテーション病棟は、日常生活を送る上で身体機能に障害を持った方を対象に、 日常生活動作の向上と早期家庭復帰を目的に集中的なリハビリテーションを受けることができる病棟です。
  2. 各専門職がチームを組み、患者さん個々の治療計画を作成し、実生活での自律を目指したリハビリテーションを行います。

1.大腿骨骨折、脳血管疾患、肺炎などにより生活機能が低下した患者さんでリハビリテーションを必要とされる方を積極的に受け入れています。

2.重症度により入院患者を選ぶことはできるだけ行わないよう受け入れる努力をしています。

地域包括ケア病棟 入院の受け入れ方針

  1. 地域包括ケア病棟は、主に急性期の治療を終えたあと、退院までに自宅整備が必要な方、医療管理、リハビリテーション、レスパイトが必要な方を対象に受け入れています。
  2. また、耳鼻科咽喉科・内科・肛門科・歯科・口腔外科の治療、手術が必要な方も受け入れています。

具体的には、次のような方が対象となります。

(1) 急性期の入院治療により病状が改善したあと、もう少し治療や経過観察が必要な方

(2) 入院治療により病状が安定し、在宅に向けてのリハビリテーションが必要な方

(3) 入院治療により病状が安定し、自宅や施設での療養に向けての準備が必要な方

(4) 自宅や施設で療養中に、重症ではないものの緊急に入院医療が必要になった方

(5) レスパイト入院(介護休暇目的入院)の方

*レスパイト入院とは、在宅で介護にあたっているご家族(介護者)が、その疲れから介護を続けることができなくなることを防いで、在宅医療・在宅介護を支える為の入院です。冠婚葬祭や介護者の病気・入院・出産・旅行などで一時的に在宅介護が困難な場合に、入院を受け入れることで介護者を支援します。

*レスパイト入院の条件

・一時的な入院です。退院時にご自宅におかえりになる方を対象とします。

・一回の入院期間は、原則として14日間までです。

・入院の際は、普段使用されているお薬をお持ちください。

・患者さんの状態によって入院継続困難な場合は、予定よりも入院期間が短くなる場合があります。

(6)耳鼻咽喉科・内科・肛門科・歯科・口腔外科の治療、手術が必要な方

1.耳鼻咽喉科…眩暈症、突発性難聴、顔面神経麻痺、扁桃周囲炎など

(手術)副鼻腔根本術、口蓋扁桃術、鼻甲介切除術、鼓室形成術、声帯ポリープ切除術、上顎洞篩骨洞根本術、甲状腺手術、鼓膜チュービングなど

2.肛門科…内・外痔核根治術、肛門周囲膿瘍手術など

3.内科…肺炎、気管支炎、脳血管疾患、食思低下など

4.歯科・口腔外科…インプラント埋入、抜歯、歯肉周囲炎など

療養病棟 入院の受け入れ方針

  1. 療養病床は、主として下記の方を対象に受け入れていますが、患者さんの病状、病室の空き状況により、
  2. 受け入れ可能な場合もあります。当院の地域連携室にご相談ください。

1.急性期治療を終えたが、施設入所・在宅復帰が困難で引き続き入院治療が必要な方。

2.気管切開管理・酸素吸入・頻回な吸痰などの医療処置を必要とする方。

3.パーキンソン病などの神経難病・特定疾患などの病気で在宅生活が困難な方。

4.施設入所をお待ちの方など。

看護部の体制

  • 勤務体制

    【日勤】8:30~17:30
    【夜勤】16:00~9:00

  • 教育

    院内全体研修、院内研修、所属別研修、院外研修

  • 教育方針

    ①能力評価を実施し、各自キャリアアップを積極的に取り組む
    ②専門職として、実践力、研究力、教育力を高める
    ③社会変化に対応でき、組織としての病院経営に参画する
    ④それぞれの価値観を尊重し、和やかな人間関係が持てる

  • 院外保育所

    あり。詳しくは【さくらんぼ保育園】をご覧ください

  • 休日

    当院就業規則による

  • 病院見学・面接

    随時

医療法人臨生会 吉田病院